FP(フードプロセッサー)メーカー比較 みくのフードプロセッサーのレシピ&メーカー比較レビュー

FP(フードプロセッサー)メーカー比較 みくのフードプロセッサーのレシピ&メーカー比較レビュー

アンチエイジング無料レポバナーs-.jpg

2009年08月24日

おすすめのフードプロセッサー

おすすめのフードプロセッサー

フードプロセッサーを探している人にとって、
「じゃあ、おすすめはどこがいいの?」
というのが、そのものズバリの本音だと思います。

我が家がクイジナート使い、ということもあるのですが、
やっぱり、モーターのパワーの面から、
クイジナートがガンガン使いやすいと思います。

冷凍フルーツを使って、アイスを手作りしたときや
冷凍肉を使ってひき肉にしたうえで、餃子やハンバーグのタネをつくるとき、
パン生地をこねるときなど、
フードプロセッサーのモーターが強力だと、
刃に、ちょっと、具材がひっかかっても、少しスプーンなどで、
ひっかかりをとってやるだけで、スムーズに回りますし、
タネ・生地状になるまで、多少時間がかかっても、
安心して、フードプロセッサーをかけていられるんですよね。

みじん切りにするだけ、
かたまり肉をミンチにするだけ、
やわらかい材料を混ぜるだけ、

なら、安いフードプロセッサーでも十分なんですが、
もうひと段階、うえのステップの下ごしらえをしえてもらおうとすると、
安いフードプロセッサーだと、モーター部分がすぐ熱くなってしまって、
稼働しなくなっちゃうものもあるんですよ。

もちろん、クイジナート社製のフードプロセッサーであっても、
長く稼働していたら、モーター部分は熱くなっちゃうんですけれど。

クイジナートのフードプロセッサーは、キチンとセットしてしまえば
稼働中、手を離せるのも、じつは隠れた利点だと思っています。
メーカーさんのフードプロセッサーによっては
稼働中、フタから手を離せなかったりするので。

デメリットは、ちょっと慣れるまで、洗いにくい(手入れしにくい)部分でしょうか。
ただ、細かいところを掃除する用のブラシを
フードプロセッサーの手入れ用に、ひとつ用意しておくと、
ぐっと、お手入れしやすくなります。

慣れてしまえば、フードプロセッサーを使わなかったときに
でてくる調理器具の数々と、
フードプロセッサーを使うことで、
フードプロセッサーのワークボール、刃、フタだけを洗うことを比べたら、
作業過程の労力も考えると、後者のほうが楽だと思います。

クイジナート以外にも、もちろん、人気のある機種はたくさんあるので
有名どころのランキングや口コミをチェックしてみて、
ご自身の使用目的にあった機種を選ぶといいでしょう。

ちなみに我が家の使用フードプロセッサーはコチラの型落ち品
(以前の機種・容量・機能は変わらないのですがフタの構造が違います)
fp00.jpg

フードプロセッサーの楽天人気ランキングはコチラ



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。
あなたの清き一票をお願いいたします♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ 人気ホームページランキングへ


2009年08月05日

ボッシュのフードプロセッサー

ボッシュのフードプロセッサー

ドイツの「test」誌でフードプロセッサーの最優秀品に選ばれたこともある、
ボッシュ社のフードプロセッサー。
食材の仕上がりの良さや、耐久性がボッシュ社のフードプロセッサーの特徴。

ボッシュFP.jpg


フードプロセッサーの基本の機能である
「刻む・砕く・混ぜる」はもちろんのこと、
パン生地などを「捏ねる」(500グラムのパン生地で約10分)、
「泡立てる」(全卵泡立て、なんと約3分!)もお手のモノ。
すりおろしや、スライス千切りのカッターもついています。

お菓子作り、特にパンの生地づくりの機能は、
業務用を家庭用にコンパクトにしてあるボッシュ社のフードプロセッサーならではの仕上がりで、
小麦粉のグルテンをしっかり引だしてくれるため、
小麦粉のうまみのある、美味しいパン生地に仕上がります。

本格的に料理したい人、
パン作りしたい人向けの機種と言えるでしょう。

スポンサードリンク




ランキングに参加しています。
あなたの清き一票をお願いいたします♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ 人気ホームページランキングへ

2009年08月04日

オスタライザーのフードプロセッサー

オスタライザーのフードプロセッサー

オスタライザーのフードプロセッサー。
どうやら、ブレンダーというか、ジューサーがメインの機能のよう。
フードプロセッサー機能は付加的な位置づけみたいです。

ミキサーの原型ともいえる、可愛いデザイン。
1946年にアメリカでオスタライザーが発売されて以来、
ずっとこのデザインは受け継がれてきたようです。

オスタライザーブレンダー.jpg

基本的に日本では、オスタライザーのフードプロセッサー(というかブレンダー)は入手にしくく、
輸入雑貨を扱っているような販売店やオークションが主な
オスタライザーのフードプロセッサー(クラシックブレンダー)の購入先となります。

スポンサードリンク




ランキングに参加しています。
あなたの清き一票をお願いいたします♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ 人気ホームページランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。